ホーム
ホーム

水彩画家・長尾周二 SHUJI NAGAO


国内外で日本の芸術家(アーティスト)の活動を振興し、世界に向けて文化啓蒙活動や情報発信を行ない、国際的な文化交流を促進するため、2014年11月に任意団体として立ち上げました。2015年3月に一般社団法人となりました。

ARTEC(欧州造形美術振興協会)・会員
2006年に渡欧、ヨーロッパ21ヶ国を周り、現在も年間の多くはフランスに滞在、欧州で最大級の美術団体ARTEC(欧州造形美術振興協会・会長:フランソワーズ・イカール氏)の会員となっています。フランスなどヨーロッパを中心に多くの個展を開催したり、ARTEC会員として展覧会に出品するなど、国際作家として活動しています。
2017年10月11日日本に帰国しました。

長尾周二近影

【制作風景・ヨーロッパにて 】
(フランス人写真家ジョン・ピエール氏撮影)
2010年4月フランス・ブラシューの名誉市民として表彰時のブラシュー市長(右)との記念写真

長尾周二オフィシャルブログ・活動記
長尾周二のフランスなど国内外での活動や生活をリアルタイムで掲載しています。
※上のバナーをクリックしてご覧ください。

国内展覧会の予定
2019年4月16日〜4月29日 アートシップインターナショナル展(Japonismesジャポニスム2018参加記念)
来年4月に、今夏にフランスで開催の「KOKORO JAPON展」(独立行政法人・国際交流基金主催Japonismesジャポニスム2018参加企画認定イベント)参加メンバーによる展覧会を開催します。
会場は昨年末に理事長・ 長尾周二が個展を開催した香川県高松市の「大西・アオイ記念館」で行います。
※ご参考:大西・アオイ記念館(大西・アオイ記念財団ホームページ)
アオイ電子および同社の創業者・大西通義氏が設立した「公益財団法人大西・アオイ記念財団」が、文化芸術の振興などを目的に開いたものです。およそ3500平方メートルの2階建ての建物には展示室やホール、それに茶室を備え、一般にも貸し出します。展示室では高松工芸高校美術科の生徒による作品や、大西氏がこれまで集めた茶道具や絵画の作品が展示されています。主な収蔵品は茶道に関した物で、他に洋画作品も70点程コレクション(佐伯祐三、須田国太郎など)も収蔵、展示(特定期間のみ)されています。
記念館ブログ
記念館での催し物情報や庭園の四季折々の画像などを随時更新していきます。

海外展覧会の予定
「Japonismes ジャポニスム2018」参加企画として下記展覧会が認定されました。
(認定番号:2018-5)

Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月〜2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)
KOKORO JAPON展(Part.1)
2018年8月18日〜29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール (Vieille Halle de Bracieux)
長尾周二他アートシップインターナショナルメンバーおよび日本国内一般公募者による洋画、版画、書道、デザインなどさまざまな分野のアート作品を展示予定

KOKORO JAPON展(Part.2)
2018年9月17日〜22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会
(Salle Royale de MADELENE)
ほぼ毎年行っている当団体恒例の展覧会です。今年は上記の参加企画の一環として行います。長尾周二他アートシップインターナショナルメンバーおよび日本国内一般公募者による洋画、版画、書道、デザインなどさまざまな分野のアート作品を展示予定
上記スケジュールは現段階での予定ですが、新たに展覧会等が開催される場合もございます。また上記予定は諸事情により変更等になる場合がございます。正式に決定次第詳細情報を掲載致します。

2017年末~2018年に行われた展覧会
ノブヨシYAMATO展
場所:フランス・トゥール市
2018年4月27日〜4月29日
例年参加している企画展です。他イベントなども含め多数の来場者があります。本年のテーマは四国で、香川県出身の当団体理事長も積極的に参加、高松市長などより親善のメッセージをお伝えしました。

展覧会においては長尾周二、荒井弘子、TOSEN IWASAKI、山本荘太郎、龍ノ平久美子、モーリエール瞳(一般出品)が出品しました。


2018年3月17日〜29日長尾周二&フランソワーズ・イカール(Francoise Icart)二人展
愛知県名古屋市「小さな美術館かじた」
ARTEC(欧州造形美術振興協会)会長のフランソワーズ・イカール(Francoise Icart)と当団体理事長で同時にARTECの会員でもある長尾周二による二人展です。
ARTEC(欧州造形美術振興協会)ホームページ・フランソワーズ・イカール(Francoise Icart)のページ(参考)
展覧会の様子
展覧会ポスター

2018年2月6日〜12日展覧会「パリと三河の風」(外務省・安城市後援)を主催・出品しました
 愛知県・安城市歴史博物館併設市民ギャラリー
(一社)アートシップインターナショナルの理事長として、団体メンバーおよび国内公募出品者とARTEC(欧州造形美術振興協会)の合同展を主催、自らも出品しました。この展覧会は日仏および日欧の芸術文化交流の一環として開催されました。
・主催:(一社)アートシップインターナショナル
・協力:ARTEC(欧州造形美術振興協会)
※展覧会詳細は一般社団法人アートシップインターナショナルホームページをご覧ください
展覧会の様子
展覧会は(一社)アートシップインターナショナルメンバー7名、一般出品者7名(地元愛知県他香川県、島根県)、協賛者であるARTEC(欧州造形美術振興協会)の作家20名(フランス18名、オランダ2名)の計36名の作品が展示されました。作品は絵画、書、創作アート、写真など多彩なジャンルにおよびました。会場には7日間多くの観覧者が来館されました。また展覧会初日の2月6日には、ご来賓の方も含め30人以上の参加者によりオープニングパーティー盛大に行われました。安城市の市長代理の方、西尾市議会議員、安城市国際交流協会、安城市文化協会、安城市ロータリークラブ会員など多数の地元の関係者様の方々にご出席いただきました。
そして重徳衆議院議員、三宅参議院議員、愛知県知事、安城市市長より祝電を頂戴しました。
メディア関係も中日新聞をはじめ複数の地元各新聞社より報道されました。

皆様よりご好意やご協力を頂戴して、開催者として厚く御礼申し上げるしだいです。
展覧会ポスター
会場の安城市歴史博物館
関係者・ご賛同者との写真(本人は右)
長尾周二の出品作品「渓流」

2017年11月28日〜12月24日 長尾周二渡欧11周年記念個展
長尾周二渡欧11周年を記念して地元の香川県高松市の大西・アオイ記念館にて個展が開催されました。
展覧会では長尾周二絵画作品の他、自身が欧州でコツコツコレクションした美術収集品なども展示されました。
会期中は沢山の方にお越しいただきました。御礼申し上げます。
※大西・アオイ記念館(大西・アオイ記念財団ホームページ)
アオイ電子および同社の創業者・大西通義氏が設立した「公益財団法人大西・アオイ記念財団」が、文化芸術の振興などを目的に開いたものです。およそ3500平方メートルの2階建ての建物には展示室やホール、それに茶室を備え、一般にも貸し出します。展示室では高松工芸高校美術科の生徒による作品や、大西氏がこれまで集めた茶道具や絵画の作品が展示されています。主な収蔵品は茶道に関した物で、他に洋画作品も70点程コレクション(佐伯祐三、須田国太郎など)も収蔵、展示(特定期間のみ)されています。
記念館ブログ
記念館での催し物情報や庭園の四季折々の画像などを随時更新していきます。

新着ニュース
雑誌「男の隠れ家」に掲載
2
015年2月27日発売の雑誌「男の隠れ家4月号」にフランスなどにおける長尾周二の活動記および(一社)アートシップインターナショナル設立の経緯と3月14日〜から始まる主催する名古屋での展覧会「アートの散歩道・フランスー名古屋」に関する記事が掲載されました。

東京・立川市で新年会&懇親会が開かれました
2015年1月8日立川市内のホテルでアートシップインターナショナル会員が集まり懇親会が盛大に開かれました。また当会には現在高松で開催されている「日仏合同美術展・アートの散歩道・パリー瀬戸内」に出品されているARTEC(欧州造形美術振興協会)会長で画家のフランソワーズ・イカール氏やフランス人画家のダニーさん、公益財団法人たましん地域財団のたましん歴史美術館・たましんギャラリー・たましん御岳美術館館長の鈴木氏、同財団職員の関口さんも参加いただきました。

長尾周二プロフィール
略歴・活動実績
・1951年 香川県生まれ
・1969年 トヨタ系セントラル自工デザイン課入社(現東北トヨタ自工)富谷龍一先生に師事
・1971年 銀座・一方堂画廊などの美術施設のほか北海道羽幌町企画展など個展や展覧会を多数開催
絵画教室を開設、のちに美術系進学予備校である「東京多摩美術学院」に発展し約2000名の美術大学進学に寄与
・1976年 立川市・たましんギャラリーで個展
以降上記ギャラリーにてグループ展を含め4個企画展(2009年、2014年、2015年)
・1979年 小島善太郎さんと親交 青梅市立小島善太郎美術館設立に寄与
小島善太郎美術館開設記念展企画(ギャラリーミキモト)
・1979年〜1988年 東京都多摩ロータリークラブ会員として地域社会活動に参加
東京芸術大学名誉教授・小池岩太郎先生と親交
平山郁夫先生を通じ学生の中国美術大学への留学を斡旋
・1993年 植村鷹千代先生と親交 武蔵野美術大学植村文庫開設に寄与
・2001年 ワンボックスカーで全国を廻り制作活動
・2006年 イギリス・ロンドンに渡り欧州の旅を始める。以降ヨーロッパ21ヶ国を廻り制作
NHK地球ラジオレギュラーレポーターとして活動(生出演2回・〜2011年まで)
・2006年 ロンドン・ジェトロ(JETRO・日本貿易振興機構)に作品展示(5年間で5点展示)
・2007年 スペイン・アルティアで個展
・2007年 エクスアンプロバンスにてGallo J Carios氏と親交
Galloさんのギャラリーで個展 以降3回個展開催
・2007年 フランス・サンレミプロバンス「 ビンセント バン ゴッホ記念展」出品 エコ賞受賞
ARTEC(欧州造形美術振興協会)スペイン展他多数出品
・2009年〜2015年 フランス・パリマドレーヌ教会展覧会出品(以降個展、団体企画展を毎年開催)
・2009年〜2014年 フランス・ブラシュー市企画個展
・2010年 世界遺産シャトー・ボールガール企画個展
・2010年 「日仏文化交流展」企画(長尾周二・ARTEC「欧州造形美術振興協会」合同展)
京都市・法然院 名古屋市・小さな美術館かじた 長野市・ギャラリータカハシ
・2010年 フランス・ブラシュー市から名誉市民のメダルを授章
・2011年 セネガル国文化省よりフランス作家として招待出品
・2011年 ブラシュー市長企画協力東日本大震災チャリティー展(仏日本大使館ホームページ掲載)
・2011年 スペイン・バルセロナ展出品
・2011年 フランス・モノリフ招待作家個展
・2012年 中国にフランス作家として招待出品
・2012年〜2014年 フランスシャトーシュベルニーワインハウス個展
・2013年8月 イタリア・グッビオ・ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会出品
フランス3チャンネルテレビ出演2015年もニュースで取り上げられる。
・2013年8月 フランス・シュウジ・ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会出品
・2013年9月〜10月 ポルトガル・ポルト美術館・ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会出品
・2013年11月 スペイン・マドリード・ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会出品
・2014年9月 フランス・パリマドレーヌ寺院個展
・2014年11月 任意団体アートシップインターナショナル設立
・2015年1月 アートの散歩道「パリー瀬戸内」展企画(外務省後援)
ARTEC(欧州造形美術振興協会)・アートシップインターナショナルメンバー出品
・2015年3月 一般社団法人アートシップインターナショナル設立理事長(登記は代表理事)就任
・2015年3月 アートの散歩道「パリー名古屋」展企画(外務省後援)
ARTEC(欧州造形美術振興協会)・(一社)アートシップインターナショナルメンバー出品
・2015年5月 (一社)アートシップインターナショナルメンバー山本荘太郎Paris個展企画
・2015年6月 「パリ日本文化会館」・「NOIR et BLANC展」企画(在フランス日本大使館後援)
(一社)アートシップインターナショナルメンバー出品
・2015年8月 ギャラリーバガボンド個展
フランス・ギャラリストより作品扱い依頼
・2015年9月 パリ・マドレーヌ寺院「KOKORO展」企画(在フランス日本大使館後援)
(一社)アートシップインターナショナルメンバー出品
ARTEC(欧州造形美術振興協会)展 スペイン展 マドリード展他出品
・2016年4月〜5月 フランストゥール「YAMATO展」企画(在フランス日本大使館後援)
(一社)アートシップインターナショナルとしてメンバー作品50点展示参加
・2016年5月 フランス・ミューゼ マタ ARTEC展出品
・2016年7月 イタリア・カプレーゼミケランジェロ美術館企画「JAPAN KOKORO展」
ベルナール・ロルジュと(一社)アートシップインターナショナルメンバー作品展
・2016年8月 フランス・シャトーサンジャンブラウンARTEC展
(一社)アートシップインターナショナルメンバ−作品と共に参加
・2017年9月 フランス・パリ・マドレーヌ教会(フランス国宝・世界文化遺産)
「 JAPON KOKORO展」
(一社)アートシップインターナショナルメンバ−作品と共に参加
・2017年11〜12月 長尾周二渡欧11周年記念個展(香川県高松市・大西アオイ記念館)展覧会チラシ
・2018年2月 「パリと三河の風」(愛知県安城市・市民ギャラリー)(外務省後援)
(一社)アートシップインターナショナル・ARTEC(欧州造形美術振興協会)による日仏親善合同展の主催と出品
・2018年3月 長尾周二&フランソワーズ・イカール(Francoise Icart)二人展
(愛知県名古屋市・小さな美術館かじた)
長尾周二とARTEC(欧州造形美術振興協会)会長との二人展
・2018年4月 YAMATO展に出品(フランス・トゥール市)

作品収蔵
イギリス
・ロンドンジェトロ
「櫻華不二」「ウエストミンスター寺院」「夏の渓流」
ドイツ
・ディンケルスピュール市
「清流四万十川」
・テテロー市立美術館
「春の四万十川」30号
スペイン
・個人コレクター
「サラゴサティアラ」30号、「不動の滝」15号、「サンビクトワール山」15号他12点
フランス
・ブラシュー市
「礼文島を望む」15号
・シャトーボールガール(ボールガール城)
「シャトーボガールのチャペル」30号
・シャトーモントレゾー
「花のモントレゾー」15号他3点
・ノブヨシ
初夏のロワール「ココリコ畑」120号
・個人シャトーオーナー
「秋の庭園」120号
他個人コレクター多数
日本
・たましん歴史美術館(東京都国立市)
「伊豆最南端」30号
・歯ART美術館(香川県高松市)
「秋のロワール川」50号、「初夏のフランス風景」50号
・NHK渋谷放送センター 
「イタリア紀行」30号
・北海道上川町
「大雪山秋」30号
・香川県三木町
「ココリコ畑」80号
・八王子市に寄贈
「風景画」1点

お問合せやご購入のご希望の方
ご購入のご相談・お問合せ・オファーなどは、こちら(当サイト管理者メールフォーム)にご連絡ください。
連絡代行:広報担当・千田(当サイト管理者・TEL:09033175672)

※海外からのご連絡はメールフォームにお願い致します。