島根県安来市で日本画を描いている柳樂晃里(なぎらこうり)です。 日本画の枠に囚われずに、かつ日本画の持つ繊細さや奥行き、空気の流れを大切に、様々な表現にトライしたいと思っています。

 

柳樂晃里の紹介

レスポンシブブログ・HP(PC、スマホなど画面に自動対応)スタート!
下記のバナーをクリックしていただくか、右側のQRコードをご利用ください。
(QRコードは株式会社デーソーウェーブの登録商標です)
サイトURL
http://nagirakouri.blog.jp/
女流日本画家・柳樂晃里・モバイルHP&ブログ

一般社団法人アートシップインターナショナル会員
一般社団法人アートシップインターナショナルホームページ

展覧会出品などお知らせ
KOKORO JAPON展(Part.1)
Japonismes ジャポニスム2018参加企画在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日〜29日
フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)
長尾周二他アートシップインターナショナルメンバーおよび日本国内一般公募者による洋画、版画、書道、デザイン、創作などさまざまな分野のアート作品を展示予定。

KOKORO JAPON展(Part.2) 
Japonismes ジャポニスム2018参加企画在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日〜22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会
(Salle Royale de MADELENE)
ほぼ毎年行っている当団体恒例の展覧会です。今年は上記の参加企画の一環として行います。長尾周二他アートシップインターナショナルメンバーおよび日本国内一般公募者による洋画、版画、書道、デザイン、創作などさまざまな分野のアート作品を展示予定

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月〜2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)


アートシップインターナショナル展(Japonismesジャポニスム2018参加記念)
2019年4月16日〜4月29日
今夏にフランスで開催の「KOKORO JAPON展」(独立行政法人・国際交流基金主催Japonismesジャポニスム2018参加企画認定イベント)参加メンバーによる展覧会を開催します。
会場は昨年末に理事長・ 長尾周二が個展を開催した香川県高松市の「大西・アオイ記念館」で行います。
※ご参考:大西・アオイ記念館(大西・アオイ記念財団ホームページ)


プロフィール・画歴など
1958年 島根県安来市に生まれる。描ける物さえあれば時間の限り、ご飯そっちのけで絵を描いている子でした。
1973年 島根県立安来高等学校普通科入学。油彩の指導を板持忠夫氏から受ける。
1976年 同校卒業。短大(国文科)に進学するも、父の病気で中退。就職して独学で油彩を描き続ける。
1989年 日本画と出会い日本画へ転向する。日本画家加藤畊雪氏に師事。
1990年 新日本美術協会展初出展入選。
1991年 新日本美術協会展奨励賞受賞
1993年 新日本美術協会展本部奨励賞受賞。
島根県芸術文化総合美術展(県展)初出展入選。以後連続入選。
1999年 美術年鑑に掲載。号を「光里」と称す。
2001年 安来郵便局ギャラリーにて個展
2002年 島根県芸術文化総合美術展(県展)日本画協会奨励賞受賞。
2003年 島根銀行安来支店ロビーにて個展。
2004年 「たたら製鉄」「日本刀」と出会い生涯の制作テーマとなる。
2006年 松江中国電力ふれあいホールギャラリーにて日本画4人展。以後毎年開催。
2007年10月 米子市ギャラリー百花堂にて個展。
この年より絵画と文章を合わせた「画文展」を始める。
2008年11月 松江市イングリッシュガーデンにて個展。「花」をテーマに画文展。
2009年10月 米子市ギャラリー百花堂にて個展。「たたら」をテーマに画文展。
2010年7月 松江市中国電力ふれあいホールにて個展。「花物語」と題して画文展。
2011年1月 松江市中国電力ふれあいホールにて個展。「たたら〜炭」をテーマに画文展。
2011年10月 安来市ギャラリー「ローチ」にて個展。「野原」をテーマに画文展。
2012年11月 安来駅ステーションギャラリーにて「安来」をテーマに
地元の写真家布野憲一郎氏と2人展。
2013年5〜6月 雲南市木次ワイナリーギャラリーにて個展。
2014年10月 安来市ギャラリー「ローチ」にて個展。「たたら〜土の声」と題し画文展。
2014年11月 松江市中国電力ふれあいホールにて同「たたら〜土の声」画文展。
2015年 号を「晃里」と改める。
2015年11月 米子市丸京庵ギャラリーにて「写真は瞬間・絵画は熟成 1/永遠」と題し地元の写真家岡田洋氏と2人展。
2016年10月 たたらと日本刀をテーマにした画文集「始点」を自費出版。
2016年11月 米子市ギャラリー百花堂にて「画文展10年目の感謝を込めて」と題し個展。
2018年2月 日仏合同展「パリと三河の風」(愛知県安城市・市民ギャラリー)に出品
2018年7月 安来日本画友の会45周年記念展に出品
JR安来駅2Fステーションギャラリー
 
作品紹介(画像はいずれも本人所有)

「花影」2018年開催「パリと三河の風」出品作品


「月ー奥出雲たたら場の遠景」
2018年開催「パリと三河の風」出品作品


「星野原」


「水の精」


『優しい時間』


「天空の窓」
現在唯一「たたら操業」をしている奥出雲鳥上木炭銑工場のたたら場の天井を描いたものです。


「扉」
たたら場の入口の扉です。


『舟』
たたらの炉を舟に見立てて表現したものです。
たたらと日本刀をテーマにした画文集「始点」タイトル(2016年出版)
(題字は国選定保存技術保持者で村下の木原明氏筆)