洋画家・山崎泰子はこのたび発足した日本の文化を国際的に発信する美術振興団体・一般社団法人アートシップインターナショナルのメンバーです。

画家・山崎泰子の紹介

一般社団法人アートシップインターナショナルホームページ

展覧会・イベント情報
山崎泰子個展
2017年5月16日(火)〜
5月23日(火)
「画廊岳」
(ホームページ)
186-0002 東京都国立市東1-14-17 1F
042-576-9909
国立駅南口より徒歩5分(アクセスページ)
Google map
11時〜18時(最終日は17時まで)
入場無料
五月のそよ風が木々の間をすぎながら、そっと花たちにすてきなあいさつを届ける・・・、風薫る五月、どうぞご清覧下さい。

プロフィール・自己紹介
洋画家の山崎泰子です。
出身は島根県安来市です。
幼い頃から絵を描くことが好きでした。
高校卒業後に専門学校で水彩画やデッサンを学び、1995年に現代童画展入選をきっかけに本格的に制作活動を始めました。
現代童画展に出品した作品がある美術専門家の目に留まり指導を受けることになりました。また彼の強い薦めで彼の親友で当時のフランス画壇のトップの画家・ポール・アンビーユ画伯に師事することになりました。画伯の許で毎年3週間程フランスに滞在し指導を受けることを5年連続行ないました。この経験がその後の活動において何物にも代え難い貴重な体験となりました。ポール・アンビーユ画伯との出会いは画家としての人生を大きく変えるものになりました。
以来国内外の数々の展覧会に出品、個展を多数開催するなど、現在に至っております。
そして2015年4月に長尾周二氏が主宰する一般社団法人アートシップインターナショナルに参加しました。
※なお作品(本ページ掲載分以外にも多数ございます)はご希望の方には販売しております。個人様、事業者様(ホテル、店舗など)を問わずお問合せください。売約済みのケースもございますのでご承知おきください。 また新規で制作することも可能ですのでお気軽にご相談ください。
(問合先:タウンクリニックドットコム 090-3317-5672、メールはこちらまで)

ラジオ出演
山崎泰子がFM世田谷「坂井賢太郎の昭和バンザイ」に出演しました!
一般社団法人アートシップインターナショナルPRと本人のアート活動PRをテーマに2週連続出演しました。(2015年7月9日・7月16日)

  作品紹介(写真の撮影・所有は山崎泰子)


画歴・実績
ポール・アンビーユ氏に師事(フランス芸術家教会名誉会長、2010年没)
一般社団法人アートシップインターナショナルメンバー(2015年4月)
2005年以降ほぼ毎年個展開催(詳細は下記)
元パリ国際サロン会員、元新生美術会会員
展示品制作など
日本青年館ホテル・客室の絵40点制作・美術書掲載
展覧会出品歴
1995〜2000 現代童画展出品 現代童画会会友推挙
2000 太陽美術展出品 太陽美術会会友推挙
2001〜 チリ美術賞展出品
ドイツ美術賞展出品
イタリア美術賞展出品
女流作家展「小さな花の絵展」出品
日本、中国、フランス美術展出品
日、仏世界展出品
パリ国際サロン展出品
新美展出品
アートアカデミージャパン出品
2007 神戸・台湾巡回展出品
女性芸術家展(ミネルバ展)出品
2008 芸術競技in北京出品
女性芸術家展(ミネルバ展)出品
2009〜 ネオジャポニズムinタヒチ展出品
国際平和美術展出品
※他国内外展覧会多数出品
2014 国際平和美術展・7月京都市美術館、10月UNESCOパリ本部出品
2015年9月 パリ・マドレーヌ寺院(教会)『KOKORO JAPONー日本文化を旅する展覧会』に出品(フランス・パリ)
2016年4〜5月 フランストゥール「YAMATO展」
個展開催
2005年4月 吉祥寺(武蔵野市)「さくら茶屋」
2008年10月 安来市(島根県)「ギャラリー・ローチ」
2009年11月 銀座「竹川画廊」
2010年2月 芦屋市(兵庫県)「芦屋病院内ギャラリー」
2011年3月 新宿ヒルトンホテル新設ギャラリー「ヒルトピア」オープニング
2013年4月 立川市「たましんギャラリー」
2013年5月 米子市(鳥取県)「丸京庵ギャラリ−」
2014年6月 銀座「銀座アートスペース」
2015年5月〜6月 西東京市田無「レストランけんぞう」
2015年9月 国分寺市スローギャラリー
2016年11月 国分寺市「りとるぷれいはうす」
受賞歴など
2005 新美展 「芸術サロン賞」受賞
2006 新美展 「芸術サロン賞」受賞
2007 アートアカデミージャパン 「マルセル・タイ賞」受賞
2008 芸術競技in北京 「昇龍賞」受賞(中国文化庁より)